瞬間的ではあったが、明確に快感を実感できた!

2024/01/09

第2回目のセッションを終えた「ちんぽい」さん(37歳)と研究員伊藤あかりの会話に耳を傾けてみましょう。

過去に大阪で開発の経験があったが…

ご無沙汰しております、ちんぽいさん!
本日もよろしくお願いします!

よろしくお願いします〜。

突然なんですが、ちんぽいさんって他のお店の経験ってあったんでしたっけ?

ありますよ。僕は地元が大阪なんで大阪のお店に行ったことがあります。

お!そうなんですね。
その時のお話しを詳しく聞かせていただいてもいいですか?

いいですよ。大阪のお店では「一番お尻が上手い人でお願いします」というオーダーでお願いしました(笑)

単刀直入ですねww

そうなんです(笑)で、その方のやり方としてはパブロフの犬方式だったんですね。前も一緒に触られる的な。でも僕としてはお尻で気持ち良くなりたいし、お尻でイクってことに重点があったんですよね。

※パブロフの犬は、生理学者イワン・パブロフが行った実験で、犬に食事とベルの音を結びつけて条件づけを行った結果、ベルの音だけで唾液分泌するようになり、条件づけの基礎を築いた。

お尻の開発にペニスを触ってはいけないのか?

なるほどです!
そういった意味では、うちもパブロフの犬方式を取り入れて開発してるんですよね。人によっては「いや、お尻で気持ち良くなりたいからお尻だけ触ってよ」という気持ちもめっちゃわかります。

やっぱりそういうアプローチの方がいいんですか?

ネットだと前立腺の開発にはエネマグラタイプの道具を使ってやるのがいいとよく言われてて、その際に「ペニスは絶対触るな」という鉄の掟があるくらいです(笑)

ということはやっぱり触らない方がいいんですか?

これはどっちが正解というのはないんですね。
例えばなんですけど、「ブラックコーヒーの味の美味しさがわかるようになりたい」って目的に対して「ひたすら我慢してブラックコーヒーを飲み続けて慣れる」方法と、「砂糖や牛乳を混ぜて”これなら美味しい”と思える範囲で親しんでいく」方法でざっくり別れるのと同じです。

確かに。それだとどっちの方法が正しい間違ってるっていう感じではないですね。

そうなんです。で、安く無いお金を払って来ていただいたのに、苦さを美味しいと思えない段階の人に「我慢してブラックコーヒーをひたすら飲まされて終わり」ってしんどいじゃないですか(笑)

いい気分で帰れないですね(笑)

そうなんですよ。結局どっちのアプローチにしても「継続的にやる」ことが必要なら、後者の方が「また行こう」ってなるし、「今日は砂糖3杯入れて飲んだけど次は2杯にしてみよ」とかってセッションの中で相談しあって次に活かすことができますしね。

どうせなら気持ち良くなりながら開発を進められた方がいいってことですね。

ですです。もちろん愚直に「いや!俺はお尻だけで!!」っていう方もいるかもしれないですけど、そういう場合は別にお店じゃなくても、ご自身で道具を買って開発していく方が向いている方式なんじゃないかなとは思います。

ドライオーガズム開発?それともお尻開発がいい?

因みに、ちんぽいさんって「ドライオーガズム」と「お尻で気持ち良くなる」って二択があったらどっちに比重が大きいんですか?
というのも、OtoLABOって今はコースが2つあるんですね。「前立腺マッサージ(開発)コース」と「ドライオーガズム体得コース」

その2つはどう違うんですか?

目的が違いますね。
前者は「前立腺への刺激を快感に感じられるように開発を繰り返そうね」で、後者は「ドライオーガズムのやり方を身につけよう」ってことです。

ドライオーガズムのやり方を身につけようというのは具体的には??

例えると「射精の仕方」を身につけるみたいなものです。ドライに関しては射精をしないので私は「非射精反射の起こし方」と言ってます。

お尻が気持ち良くなればドライオーガズムになるんじゃないんですか?

ドライオーガズムの盲点!お尻開発とオーガズム開発は違う!

すごくいい質問です〜!実はそこってイコールじゃないんですよ。
例えば前立腺だったりお尻全般を気持ち良くなるように開発しても「気持ちいいけどそれだけ(絶頂感はない)」「最後は射精になっちゃう」という人も実はたくさんいるんです。

そうなんですね!

そうなんです。相互関係はありますけど「お尻を開発したらドライオーガズムになる」というわけでは決してないんですよ。

だからそれぞれの目的に応じたコースがあるというわけですね?

ですです。なのでちんぽいさんって「ドライオーガズムの起こし方」と「お尻が気持ち良くなる」ことに対して優先順位ってどっちなのかなと思いまして。

催眠は万能じゃない

なるほどです。ちなみになんですが、大阪では物理的なパブロフ的なアプローチで開発をされたんですけど、ネットを調べると「催眠」を使って開発するパターンもあるじゃないですか。あれってどうなんですか?

そうですね。自己開発される方の中には催眠音声と呼ばれるものを補助的に使って開発される方も多いですし、お店でも人によって催眠というか、「暗示」を使って開発をしますよって言う方も年々増えている印象です。

ただ、催眠も万能ではないんですね。
催眠に関しても「催眠にかかりやすい人」と「かかりにくい人」っていう人がいるので、みんながみんな一発で!ということになることはないんです。実際に私のお客様たちもそういうアプローチのところでお願いしたことがあるけど上手くいかなくて「回数が必要ですから」という風に言われて帰ってきた、という話をよく聞きます。

なるほど。結局はどんなアプローチにしても大なり小なり継続することが大切ってことなんですね!

ドライオーガズムよりは射精でもいいからお尻で快感!

僕としては正直なところ優先度は「気持ち良くなれたら別になんでもいいや」って部分があるんですね。で、気持ち良くないところとして「お尻」があるのでお尻の開発をしたいなという気持ちが強いです。

ふむふむ。

ただドライオーガズムの経験がないので、そういう意味で「ドライオーガズムってどんな感じになるんだろう」という興味もあります。未経験なので(笑)

ですよね(笑)
ちんぽいさんは前回の時点でまだお尻に対して「異物感」があるという感じだったので、そこの軽減を重点におきながら今日はやっていきましょうか。で、余裕があれば「ドライオーガズムの引き起こし方」も同時にやってみて「どんな感覚の変化があるか」というのも感じ取れるようになりましょうか。

了解しました!

ドライオーガズムってなんなの?

お疲れ様でした!今回のセッションはどうでしたか?

今回は前回と違う感覚がありました!

お!と言いますと??

前回は「なんとなく気持ち良さがあったような気がする」という感じで「この先にあるのかな??」みたいな漠然さがあったんですね。でも今回は明確に瞬間的ではあったんですが「気持ちいい!」という時がありました。

いい感じじゃないですか〜!
そうなんです。みなさん「いきなり気持ちいのがドーン!!」みたいなのをネットの情報のせいで想像しがちなんですけど、開発初期でそういう感覚になる方の方が実はめちゃくちゃ稀で、大半の方は「一瞬」が「一瞬より長く」「一瞬じゃなくなる」「長く感じる」みたいに快感がステップアップしていく感じなんですね。

なるほどです。今日の瞬間的な感覚を繋げて行ったり、増やして行ったりすることで「開発のレベルが上がっていく」ということなんですね。

そういうことです!

因みになんですが、僕のドライオーガズムのイメージって「射精しないから気持ちよさが長く続く」っていう知識というかイメージがあるんですけど、それは正しいんですか?

人によりますね。おっしゃる通り「長く横ばいに続くパターン」の方もいれば「波状に上下に波形を描くパターン」の方もいますし、それ以外のパターンの方もいらっしゃいます。

それって全部ドライオーガズムなんですか?

「どの感覚がドライオーガズムか」というのは人それぞれなんですよ。例えば気持ちよさが横ばいにずーっと続く感覚をドライオーガズムだって納得、満足してる方もいれば、同じ感覚でもそれに納得、満足しなくて「ドライオーガズムとは思えない」という人もいます。

じゃあドライオーガズムの定義って人によって違うってことですか?

極論そうです。ネットには「こういう感覚がドライオーガズムだ!」みたいなことを書かれてることも多いんですが、そういう感覚って上級者向けというか、かなり開発をした人が辿り着けるレベルの高いドライオーガズムだけを抜き出して言ってることが多いんです。

なるほどです。僕は仕事でもなんでもそうなんですけど、理論的というか、男性って結構そういう所あるじゃないですか。

ですねですね。

で、この開発に関しても何か自分なりに「コツ」みたいなのを掴んだら自分の中で完全にスイッチが入るんじゃないかなって思いました。前回は正直開発のイメージが完全にボヤっとしてたんですけど、今回の体験で「広大な砂漠の中から何かみつけないといけない」という状態から脱せた感覚がありました。

そうですか!それはよかったです🥺
次の目標ができましたね!では引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

はい!今日もありがとうございました!