OtoLABOのご予約・問い合わせ

03-6421-7286 (11:00~LAST*)
*当日の最終出勤女性の受付時間が終わり次第
お問い合わせはこちら

お客様の声(124件)

  • マリウス10192022/3/13

    インナーオーガズムの入口を体感

    以前からインナーオーガズムに関心があったものの、なかなか体験できずにいました。しかし、今回思い切って伊藤さんを指名させていただき、セッションをお願いしました。

    ホテルの部屋で待っていると笑顔の素敵な美しい伊藤さんが訪れました。
    今回の経緯や僕の性癖などについてお話しした後、僕は湯船に入り、その横で足湯に浸かっている伊藤さんと趣味などの話をして、すっかり緊張が解けました。

    その後は、ベッドに移り、呼吸法を教えてもらったり、マッサージをしてもらい、いよいよ施術です。
    伊藤さんの指で体の奥をほぐしてもらい、その指と僕の体が、どこが気持ち良いのか対話するかのように進みました。
    そのポイントがはっきりしてくると、これまで経験したことのない快感が襲ってきました。それは射精のような一時的なものではなく、ずっと高原状態が続くのです。その中でも、ときどき強烈な快感が降ってきて、下半身が電気ショックを受けたように痙攣してしまいました。
    伊藤さんは僕に優しく寄り添ってくれて、10回くらいは逝かせてくれたのではないかと思います。

    セッションが終わったときには、心地よい疲れのようなものを感じて、しばらく起き上がることができませんでした。
    初回にもかかわらず、インナーオーガズムの一端を体感できたものと思います。
    これは全て伊藤さんの優しく寄り添う施術のおかげです。

    今後、自分なりに勉強、実践して、再び是非伊藤さんのセッションをお願いしたいと思います。 また、よろしくお願いします。

  • Imu2022/3/10

    当たりでした。

    緊張しながら電話したものの、丁寧かつ親身なスタッフの方に「当たりかも!」の予感。ホテルにてあかりさんと対面して、その予感が的中したことを確信しました。

    こちらの緊張をほぐして、快感を得るためのストーリーを紡いで下さいます。
    私は初めて経験することだらけ、完全にリラックスした状態で、快感の渦に引き込んで頂きました。
    どこまで行くんだろう?!という、これまで経験したことのない怖いほどの快感へ、やさしく誘導して頂きました。

    あかりさんのとてつもない知識と経験を知るのは、セッションの後。
    そういった説明も、ただ話すのではな く、こちらの様子、タイミングに合わせて語って下さいます。敢えて一言で表せばエンターテイメント寄りのセラピーを受けた印象です。

    体と心が疲れたときに、また癒してもらいに行きたいと思います。

  • ぼん2022/2/27

    概念でなく個と向き合うセッション

    みなさんをみていると女装やメスイキってメンタルに偏っている印象。
    それと違うことを表現するならフィジカルのほうががいいかな。と思ったので口コミを書き直しました。

    フィジカル・トレーニングってテキストであれ動画であれマジョリティを対象としているものが大半。だからポンコツの自分にも役立つものがなかなかありませんでした。

    あかりさんは概念でなく個と向き合ってくれるから、自分の現在地を把握してくれた上で知識と経験から進む方向を示唆してくれるコンパスのようでした。

  • キャップ2022/2/5

    自分では気づけない身体の使い方

    前立腺に興味があって、約1年ほど前から、お店や自分でエネマグラを使って開発していました。そんな中、今自分が得ているこの快感や快楽は、彼女の目からどんなふうに写るのか、そんな興味が出てたので、いとうさんのセッションをうけにいきました。

    最初の問診のようなヒアリングの中で、私の今までの経緯や前立腺開発に対する考え方について、しっかり傾聴してもらったり、いとうさんの考えや意見を交換したりする時間が非常に新鮮で楽しかったです。
    自分自身ですらうまく言語化できないオーガズムの感覚や身体の反応について、腑に落ちる・理解させる知見を示していただけるのは、たくさんの経験を積んできたのではないか、と思ってしまいました。

    施術(セッションとおっしゃってました)が開始すると、最初は「なぜこのようなことをするんだろう」と思うような、入浴の仕方、ヨガのようなストレッチ、マッサージを施されました。
    きっと意味があるのだろう、と素直に受け止めセッションを続けていきました。
    ネタバレすると、これらのすべてが、私がドライオーガズムを会得していく上で必要な呼吸の仕方、快楽の受け止め方、身体の使い方に対するアプローチを”イメージ”させる内容となっておりました。

    前立腺へのアプローチですが、いとうさんは、挿入した指先で私の実際の経験や今起きている身体の反応を確かめるような動きだったのが非常に印象的でした。その中で、私の身体の使い方や呼吸の癖を理解しつつ「こういう風にイメージして呼吸してみて」「あのときにした力の入れ方や抜き方だよ」と的確にお伝えいただいたのは本当に自分のためになりました。
    *あくまでこれは、私向けのアドバイスであるため、あえて抽象的な表現としました。

    最後の方は、自分の今まで感じたことのない種類のドライオーガズムを得ることができました。腰から下の感覚がバグってしまいましたが、まだこの先に未知の快楽がある、という気づきもあり、非常に良い経験をさせていただきました。

    セッション後のフィードバックも、会話の中で「そう!そうなんです!」「なるほど、こういう考え方や捉え方をしてみればいいのか」「そのようなイメージで身体を使うのか・・・」という膨大な情報量に圧巻され、今も一生懸命当時を振り返って、実践していますが、本当に勉強になりました。

    自分がどんなシチュエーション、どんなプレイ、どんなマインドの中でドライオーガズムを感じたいか、というメンタル部分を一旦横においた、まずはドライオーガズムを得やすくなるようなカラダ作りや身体の使い方、呼吸法といったフィジカルへのアプローチが充実しているセッションを体験させていただきました。

    いわゆる風俗的なサービスとは違い、学問的な取り組みもあるので、自分の知的好奇心も満たされながら気持ちいい思いもできる充実なエンターテインメントでした!

    もっと自分なりに前立腺への理解を深めていき、またいとうさんのセッションを受けにいきたいと思います!

  • かっちゃんゴーゴー2022/1/20

    初めてのドライオーガズム

    初めて真面目にドライオーガズムを開発する施術を受けた感じです。
    あかりさんは寄り添う感じでドライオー ガズムに導いてくれました。

    いたずらに刺激するのではなく、優しく触る感じです。
    時折うんうんという相槌が、自然と私をドライオーガズムの世界に導いてくれてあかりさんと共に身を任せることができました。
    その結果、初めて一回だけドライオーガズムに達した感覚を味わうことができました。初体験です。終わった後はボーっとしてウトウトしてしまいました。

    引き続きあかりさんの施術で開発をお願いしたいです。

  • Tommy78502021/11/24

    2回目のセッション

    前回から1年も経過しましたがやっと2回目のセッションを受けさせていただきました。

    最近になって身の回りに余裕ができ、1ヶ月ほど自己鍛錬に勤しむ事ができ、快感の波を感じ取れるようになってきたかな~と思いはじめたところに、東京に訪問する機会ができ、是非お手合わせ願いたいと思い急遽連絡、訪問しました。

    前回同様お風呂につかり、浴槽の側にいるあかりさんと和やかな会話でリラックス(今回は冷水シャワーとの温冷交代浴あり、爽快でした)してからスタート。

    今回もマッサージ機などのを使った道具を使った準備の段階から気持ちよくなる事ができ、前立腺へのファーストタッチから溢れ出てくる快感を得ることができました。それも前回以上に深い快感でした。

    ただ今回は自分の方で欲がでてしまい、気持ちよくなっては欲がでて逃げを繰り返した時間が若干あったかな...。

    最後は下腹部の刺激で絶頂を迎えましたが、前回とは違い恐怖感がなかったからか、快感と幸福感は高くなっていたかなと思います。

    今回のセッションで深い快感と新たな気づきを得ることができました。 加えて、なぜあかりさんが「セッション」という表現を使っているのかストンと腑に落ちました。

    遠方なので足繁くというわけにはいきませんが、また是非お手合わせ願いたいと思います。 今回もありがとうございました。

  • shima22021/11/17

    前戯からイキまくり

    伊藤さんと2度目のプレイ。
    7~8年前からドライ開眼している私ですが、初回にいきなり新境地を感じたので、 中1週間での再訪となりました。

    前回の感覚や波長を体が記憶していたせいか、今回はマッサージガンを使った前戯(準備)で5~6回もイッてし まいました。肩甲骨、膝裏、腿の付け根などに振動が伝わり、その余韻が内深く浸透するだけで、あんな声を発してしまうとは・・・全く予期せぬ体験でした。
    そうして高まった状態で指を入れられれば・・・そりゃ無限にイキまくります。
    最後は射精させてもらうのですが、「前回よりも時間がかかりましたね」とのこと。おそらく女体化しすぎて男の機能が停止していたのだと思います。

    伊藤さんの施術の特長は、確かな知見と技術、そして感性に基づいた臨機応変さにあると思います。20年以上の 被開発経験の中でも、その域に到達している方とは数えるほどしか出会ったことがありません。

    ドライ達成まで に私は10年以上の歳月を要しましたが、もっと早く伊藤さんと出会えていれば、その期間も短縮されたかもしれません。

    ドライ未達成の男性諸氏にお伝えしたいのは、卓越した技術に依存するだけではNGということ。うたた寝するような心地で受動的にたゆたいながらも、どこか能動的に快感を迎えに行く姿勢がポイントです。
    まさにセッション。あるいは内面の対話。その絶妙な調和の先にエクスタシーは待っています。

    そのあたりのことも伊藤さんはいろいろな角度から助言してくれるはずなので、それに素直に耳をかたむけ、みんなで幸せになりましょう。

  • ないものねだりマン2021/11/16

    「自ら感じに行く」ということ

    先週木曜日は貴重な時間をありがとうございました。
    時間が取れずすっかり遅くなってしまったのですが、簡単にセッションの振り返り内容お送りさせていただきます。

    ******

    セッション初めて受けさせていただきましたが、自分の感覚に対する理解が一歩進んだ時間だったと思います。
    セッション前にお話したように、「自ら感じにいく」ことの感覚を掴みたいというのが始まる前の課題でした。
    それに対して、セッション中印象的だったのが、最初に中に指を入れて触っていただいたとき。最初は本当に「ただ入っているだけ」という感じで違和感しかなく、正直あれ?というと思ったのですが、少し試行錯誤してみると(と、自分ではそのつもりだったのですが、伊藤さんが探っていただいたのでしょうか?)気持ちよさを感じるポイントがあり、伊藤さんも小声で「そうそう」といってくれたので、あ、こういうことなのかな、と思えたのでした。
    その後も何度か挿入をするたびに、同じようなやりとりがあったので、これが「自ら感じに行く」ということなのかな、と思った次第です。
    まだ、その感覚を掴める確率は高くないなーと思ったので、また手合わせ頂いたときにはもっと確度高く掴みに行けるようになりたいなと思いました。

    あと全然別で、もともと自覚はあったのですが、亀頭のあたりが敏感すぎて、そちらを触られると意識がすべてそちらに持っていかれてしまうなと思いました。
    その意味では、途中で触るのをやめていただいたり、最後射精のときには、多分触り方を相当控えめにしていただいたりと、こちらの感覚に合わせて工夫していただきありがたかったです。この辺も、次回には最初からお伝えできるようにしようと思いました。

    遠くないうちに、またお伺いできればと思っています(次回は、時間に余裕をもって伺おうと思います嬉し泣き)
    またよろしくお願いします。

  • ヒロセ2021/11/13

    ますます信頼が深まりました。

    いとうさん昨日もありがとうございました。昨日の感想をしたためてみました。
    「痛くならない椅子の座り方ってありますか?」

    心技体のすべてを兼ね備えた伊藤さんに、他愛もない質問をしたときの答えが意外でした。

    「クッション使うのがいいよね〜」

    そのあとに加えて、坐骨をつかった姿勢も教えてくれたのですが、なるほど自分の専門知識に拘らないで相手にとっていちばん良い方法を示してくれるのだなと、ますます信頼が深まったのでした。

    3ヶ月で3回目のセッションでしたが、姿勢が良くなってお腹周りがスッキリもしたり、おかげで疲れにくくなったりと、ニュートラルな身体に向かっている気もしています。

    裸ってむしろ情報量が多いのでしょうね。ユニークなお店なだけにずっと続いてくれたらいいなあと思います。胴体力をつけてまた足を運びたいと思います。

  • ota-anal2021/10/22

    新たな境地

    伊藤さんとの7回目のセッション。
    湯船に浸かり、冷たいシャワーを浴びて気持ちをリラックスさせたとこでセッション開始。 今回は前回気づいた筋肉の使い方の改善をしてみたところ、今までにないドライ感が得られました。
    120分のセッション、時間いっぱいに使って存分にイキ狂った感じです。
    時間の制限なくやっていたらまだまだ続けられそうで、それでいて終わった後の疲労感はなく、むしろ体の芯から 湧き出る快感が夜まで続きました。

    新たな境地に踏み込んだ感じで、さらにその先が楽しみです。